新年のご挨拶(相愛会)

合掌ありがとうございます。
新年あけましておめでとうございます。

皆様におかれましては新春を清々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。
昨年は、相愛会の活動に多くのお力添えをいただき誠にありがとうございました。
さて、日本では、年の初めに、「書き初め」を行う大切な風習があります。
これは、新年の抱負や目標とする言葉を書くというものですが、祈りを込めてコトバに表現することで、行動を新たにするという意味があります。

そんな日本の伝統文化を大切にする意味で、自宅でも書き初めをして一年の抱負を書くようにしています。
生長の家の運動に於いては、年末に運動方針として定め、2023年(令和五年)を新たな気持ちで迎えさせていただきました。

昨年は、相愛会の運動目標では、特に聖使命会員数について目標数を大きく上回る成果をあげていただきました。
私たちは、コロナ禍を経験し、学んだことがあります。それは、過去の経験をもとに自らを顧みてよく考え、変化を恐れずに勇気を持って前進するということです。
具体的には、時代の流れに乗り、小さなことでもいいので新たな挑戦をしてみること。
山梨教区相愛会は、2023年度は、単位相愛会ごとに仲間とよく話し合い、アイデアを出しながら実行し、その結果を受けて新たな工夫をしていく。そのような地域に対する愛のある行為によって、運動を実りあるものにしていきたいと考えております。

私たちが、日々祈りながら自信を持って前進するところ、全てにおいて良い結果が現れてくることは間違いありません。
本年が皆様にとって健康で実り多き年になりますことを心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

相愛会教区連合会長 西村 誠 感謝再拝

あわせて読みたい記事

組織活動のブログ

生長の家山梨教区の組織の活動ブログです。
カテゴリー
教化部
5
白鳩会
5
相愛会
4
青年会
4
地方講師会
8
栄える会
1
生教会
2
最新の記事